ブログ

217件 が見つかりました。

ブログ:
2017/02/06

世界経済フォーラム ダボス会議に参加 (4) »

さて、ダボス会議には、色々と知り合いも含め、会ってみたかった人や、今後協業してみたいという人が多く参加しているため、あらかじめ参加者リストをすべて見てから、アポイントメントをとっていた。また別の参加者から会いたいとメールももらったので、セッションの間に多くのミーティングを入れていた。また、アポなしでも、同じ場所に居合わせたなどで会うことができた人も多かった。すべてはカバーできないが、いくつかの例を紹介したい。

開発援助のプレーヤー

まずはユニセフのイノベーションチームの共同リーダー、エリカ・コウチさんに会った。シリコンバレーをベースに、ユニセフのパートナーシップを広げるという役割を果たしている。彼女とは数年前にサンフランシスコでお会いしたことがあり、今回は2回目。ユニセフとは、インドネシア、アルメニア事務所などとご一緒させてもらったことがあり、引き続き何が一緒に出来るかを話し合った。いくつか具体的なアイデアが出たので、フォローアップ中だ。

By 中村 俊裕

ブログ:
2017/01/30

世界経済フォーラム ダボス会議に参加 (3) »

さて、ダボス会議の3日目。本会議場でのセッションは色々と参加したため、毛色の違うセッションに参加することにした。場所も本会議場から30分ほどバスで行き、リフトで山頂に登ったところ。マイナス20度くらいだったろうか、リフトの中は凍えるほど寒かった。

特別セッションの行われたダボスの山頂から

今回参加した特別セッションのテーマは「自分の最高のパフォーマンスを達成するには」というというもの。元F1チャンピオンのニコ・ロスベルグが自らの経験を元に、話してくれた。

By 中村 俊裕

ブログ:
2017/01/27

世界経済フォーラム ダボス会議に参加 (2) »

ダボス本会議が始まった。おそらく1000ほどのセッションが平行して行われる。今年のテーマであるResponsive and Responsible Leadershipというの大きな枠組みの中で、人工知能や地球温暖化、アメリカ政治の将来、意思決定、農業の将来、仮想現実など様々なイシューが話し合われる。
スピーカーも、新国連事務総長のアントニオ・グテレスや米国のアル・ゴア元副大統領、英国のメイ首相、ビル・ゲイツなどが参加している。日本からもJICA理事長北岡氏や、グロービスの堀氏、YGLのメンバーが4人とシュワブ財団の社会企業家足立聖子さんなどが参加していた。

By 中村 俊裕

ブログ:
2016/08/11
ナイフと木の板をくっつけた伝統的カシュー開け器でカラを一つ一つ空けている。     1分で4つくらいしか空けられないため、これより効率的なカシュー開け器をいろいろと探しているが、まだこれというものが見つかっていない。

中村俊裕のデポ・デサ立ち上げブログ16/08/11 (後半) »

ナイフと木の板をくっつけた伝統的カシュー開け器でカラを一つ一つ空けている。1分で4つくらいしか空けられないため、これより効率的なカシュー開け器をいろいろと探しているが、まだこれというものが見つかっていない。

By 中村 俊裕

ブログ:
2016/08/11
勾玉型の緑のものがカシューナッツになるのだ。そのうえの部分がカシューアップルという果物の実に。

中村俊裕のデポ・デサ立ち上げブログ16/08/11 (前半) »

しばらくブログを書いていなかったが、私は相変わらずフロレス島で多くの日々を過ごしている。当初の予定よりも時間はかかっているが、デポデサの施設も徐々に進んでいる。

By 中村 俊裕

ブログ:
2016/06/18

中村俊裕のデポ・デサ立ち上げブログ 21日目 »

今日はララントゥカから車で二時間ほどはなれた村、ティトゥヘナまで行ってきた。(写真)

コペルニクの女性ネットワークメンバーの一人、ママヨーさんが、ヴァージンココナッツオイルを作っている農家のグループを紹介したいと言ってくれたから。収穫後のプロセステクノロジー導入で零細農民の収入増加を目指すデポデサプロジェクトは、まだ立ち上げ途中だが、農民、バイヤーの両方からかなりの興味をしめしてもらっている。

By 中村 俊裕

ブログ:
2016/06/16

中村俊裕のデポ・デサ立ち上げブログ 20日目 »

デポデサ立ち上げの20 日目。 今日はララントゥカから隣の島で、最初の農業プロセスサービスセンター、デポデサを立ち上げるアドナラまで行ってきた。(写真: デポデサの場所)

ララントゥカからは船で20分ほどの距離で、港からはバイクで20分。先週調達したヤマハのスクーターを船に載せて渡航(写真)。スクーターと乗客四人で片道約四百円。

By 中村 俊裕

ブログ:
2016/06/09
インドネシアではクミリと呼ばれるキャンドルナッツが今朝オフィスに届いていた。

中村俊裕のデポ・デサ立ち上げブログ16/06/09 »

インドネシアではクミリと呼ばれるキャンドルナッツが今朝オフィスに届いていた。レンバタにいるスタッフのアンセルが届けてくれたのだ。これで最近届いたナッツ空け器を試せる。元々クルミを割るためのものだが、キャンドルナッツの大きさも硬度も同じくらいなので、試す価値ありと早速トライ。

By 中村 俊裕

ブログ:
2016/06/07
伝統的なカシューナッツ空け器を実際に使ってみた様子

中村俊裕のデポ・デサ立ち上げブログ16/06/07 »

ここはカシューナッツを加工して高く売ることに成功した村で、通にはよく知られている。カシューナッツの殻をを開けて、皮をとり、真空パックすることで、カシューナッツの価値が倍以上になる。

By 中村 俊裕

ブログ:
2016/06/06
これは元々クルミを割るためのもの

中村俊裕のデポ・デサ立ち上げブログ16/06/06 »

これは元々クルミを割るためのものだが、サイズと硬度が類似してそうなキャンドルナッツなどにも使えないかと取り寄せてみた。テストをするのが楽しみ。

By 中村 俊裕