Hiromi Tengeji
2017/04/21 - 09:39

By Hiromi Tengeji
Japan Secretariat

J.P.モルガン協賛「中小企業のアジア進出プロジェクト」好評につき第2弾の募集開始! ※締切延長 6月16日(金)まで

国内中小企業のインドネシア進出を支援する「中小企業のアジア進出プロジェクト」、第2弾参加企業の募集を開始します!

本プロジェクトは、J.P.モルガン協賛のもと、途上国でのビジネス経験やネットワークを豊富に有するコペルニクが、日本の中小企業のインドネシアにおけるビジネス展開を支援します。これにより、日本の中小企業の競争力、生産性、持続可能性の向上と同時に、途上国の人々の生活の質の向上に貢献することを目指します。

【本プロジェクトのサポート内容】

1) コペルニクの現地及び日本のスタッフによるハンズオンのサポート

東京でのワークショップを通じ、各企業の事業特性に合わせた現地情報(市場環境や、商習慣、事業手続き等)の提供や、インドネシアでの事業展開における課題解決をサポートします。また、特に事業の実施・展開可能性が高い企業には、現地での販路やパートナー開拓等を目的とした視察機会をアレンジします。

2) 資金面でのサポート

現地視察を実施する企業に対して、一社一名様分の往復航空運賃及び現地宿泊費を支給します。(視察期間は1週間程度)

 

応募締切は5月19日(金) 6月16日(金)24時までです。(延長しました!)

既にインドネシアでの事業を展開されている企業、今後の展開を検討中の企業ともに対象となります。インドネシア事業の展開・深化をめざす企業様からのご応募をお待ちしております。

>>募集要項PDF icon>>応募フォームファイル 

6月7日(水)第一弾ご参加企業の報告会を開催します。本プロジェクトをご検討の企業様はぜひご参加ください!

>>詳細はこちら

 

<過去の参加企業の声>

①株式会社チャレンジ様

- 「EQG-Ⅲを設置し、データ収集を継続し、実際の地震時に有効性を示す取り組みを行うとともに、技術研修、メンテナンス研修、避難訓練により、人命を守る取り組みに協力したい」

>>詳細はこちら

>>企業ホームページはこちら

 

②ワイズグローバルビジョン株式会社様

- 「フィリピン含め他のアジア諸国やアフリカの国々で実績のある弊社は、世界最多の島があるインドネシアにはかねてから小型淡水化装置のニーズがあると思っており、進出機会を探っていました」

>>詳細はこちら

>>企業ホームページはこちら

 

③株式会社ラブロス様

- 「インドネシアのアチェ州を訪問し、私どもの停電になったら「パッと」点くLED電球「マジックバルブ パッと」の市場調査を行いました」

>>詳細はこちら

>>企業ホームページはこちら