Hiromi Tengeji
2017/06/08 - 17:52

By Hiromi Tengeji
Japan Secretariat

6月7日(水)中小企業のアジア進出プロジェクト「 インドネシア現地視察報告会」開催しました!

 

6月7日(水)開催のJ.P.モルガン協賛「中小企業のアジア進出プロジェクト」第一弾報告会は、50名近い方にご参加いただき、盛況のうちに終了しました。

  

報告会では、このプロジェクトに参加し、インドネシアでの活動に取り組まれた3社の代表にご登壇いただき、コペルニク代表 中村俊裕をモデレーターに、プロジェクトの成果や今後の展望、これから挑戦される方へのメッセージなどが話し合われました。

「このプロジェクトで現地に行き、何が得られたか?」との問いかけに、停電になったら「パッと」点くLED電球の市場調査でスマトラ島アチェ州を訪問されたラブロス金山様は、「既に導入している先ではとても大切に使われていることを知り感激した。しかし、価格が高いため所得の低い人には手が届かないものとなっている。ただ、価格を下げるのは不可能なことではなく、やるかどうかの問題である。これまでの日本のやり方を根底から変える必要性を強く感じた」とコメントされました。

 

数年前からインドネシアへの地震速報装置の導入に取り組まれてきたチャレンジ佐々木様は、今回のプロジェクトの中で、アチェ州地方防災局、イスラム大学、病院、ピディジャヤ州政府など、コペルニクのアレンジにより初めて訪問が実現した先があったことが有意義だった、とコメント。特にイスラム大学とはMOUを締結するなど具体的な成果も紹介されました。

   

一方、このプロジェクトをきっかけに、インドネシアへの小型海水淡水化装置の導入に取り組まれたワイズグローバルビジョン柳瀬様は「事業成功には信頼できる現地パートナーの獲得がカギとなるが、コペルニクのネットワークで、地方政府の要人など日本企業だけでは難しい先にもアプローチすることができた」と回答。さらに、その翌月に再びインドネシアのコペルニク本部を訪れ、水プラントのデモンストレーションを行い、現地スタッフから意見をもらえたことが有益だったと話されました。

 

  

「今後の展望は?」との問いかけに、金山様は「世界中に非常灯をつけることが目標であり、低価格化を実現したい。また、現地では失業率の高さも課題と知り、産業振興にも貢献できれば」、佐々木様は「人々の命を守るため、この日本の優れた技術の普及を推し進めていきたい」、柳瀬様は「現地で機器を販売するだけではなく、現地の人たちを事業パートナーに、彼らの所得向上にもつながるような水販売ビジネスを今年中に開始することを目指している」と語りました。

 

 

「途上国ビジネスの課題は?」という参加者からの質問には、「中小企業は、ヒト・モノ・カネともに不足しているが、途上国ビジネスには『ヒト(=ベストパートナー)』が特に大事。これまでなかなかきっかけが掴めなかったインドネシア進出で、今回コペルニクというパートナーを得られたことは大きかった」(柳瀬様)、「どんなに良い技術があっても、自ら出ていかなければビジネスにならない。その時、どこへ行くか?誰とやるか?がとても重要。ヒトとのつながりから足がかりを掴むことができる」(佐々木様)と回答されました。

 

「このプロジェクトへの応募を考えている方へのメッセージは?」との問いかけには、「コペルニクに考えを率直にぶつけて十分に意見交換すると良い」(佐々木様)、「意志があれば途上国には多くの可能性がある。意志ある多くの企業にチャレンジして欲しい」(金山様)、「その分野に知見のある現地スタッフが、コペルニクの持つネットワークを駆使し、適したエリア・訪問先をアレンジしてくれるのがこのプロジェクトの強み」(柳瀬様)とのメッセージをいただきました。

 

最後に、中村より「3社とも災害対策に関わる点で共通しているが、それぞれの技術の完成度が高かったことが理由。プロジェクトとして分野を限定したわけではなく、第一弾には、この他に衛生や環境分野の企業も参加された。ぜひ幅広い企業に、第二弾への参加を検討いただきたい」とコメントし、ディスカッションを締めくくりました。

 

参加者のコメント(アンケートより抜粋) 

・興味深い話が多く、無駄な話が少なかった

・現地で訪問したカウンターパートが強い興味と約束をしたことに驚き関心した

・想像していたよりもスピーディにビジネスが進んでいることに驚いた

・コペルニクが手厚く現地でのサポートをしている点が興味深かった

・コペルニクはものを提供するだけではなく、生活を豊かにする知識を付与していることに感心した

本プロジェクト第二弾への応募締切は616日(金)です!

たくさんのご応募をお待ちしております。

>>詳細はこちら