Hiromi Tengeji
2016/11/25 - 21:50

By 天花寺 宏美
コペルニク・ジャパン 代表理事

12/2(金)19時より、「コペルニク・フォーラム2016」開催!

 

企業のイノベーションでSDGsを達成するには

~日本の技術と途上国ニーズのマッチング~

 

 

コペルニクをご支援いただいております皆様、平素より、コペルニクの活動に対してご支援いただき、誠にありがとうございます。

このたび、一般社団法人コペルニク・ジャパンは、「コペルニク・フォーラム2016」を開催いたします。

「企業のイノベーションでSDGsを達成するには~日本の技術と途上国ニーズのマッチング~」というテーマのもと、コペルニクの活動と今後の展望についてご紹介させていただき、引き続き、JPモルガンのマナーズ英美子様、本田技術研究所の山本憲作様、JICAの馬場隆様、コペルニク代表の中村俊裕が、SDGsの達成に向けた企業のイノベーションのあり方について、経験談や事例を交えながら語り合うパネルディスカッションを行います。

皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

 

 

>>詳細・お申し込みはこちら

 ※お申込みフォームを開けない方は、お手数ですが、japan@kopernik.info宛に

・氏名(ふりがな)・ご所属(会社名、学校名)・連絡先メールアドレスをお送りください。

 

概要

 

【日時】12月2日(金)19:00-21:30頃(18:30開場)

 

【会場】グロービス 1Fホール

〒102-0084 東京都千代田区二番町5-1 住友不動産麹町ビル(地図

 

【主催】一般社団法人コペルニク・ジャパン

 

【共催】グロービス経営大学院

 

【参加費】一般 3,000円 学生 1,500円

※学生の方はチケット代を当日受付にて現金でお支払いください。

その際には学生証のご提示をお願いします。

※チケット代のうち一部はコペルニクの運営に役立てさせていただきます。

 

【プログラム(予定)】

19:00-19:10 オープニング
19:10-19:40

コペルニク共同創設者 兼 CEO 中村俊裕による講演:

コペルニクの新たなアプローチ

~システムアプローチが社会へのインパクトを最大化する~

19:40-20:30

パネルディスカッション:

企業のイノベーションでSDGsを達成するには

~日本の技術と途上国ニーズのマッチング~

 

- JPモルガン マナーズ英美子様
- 本田技術研究所 山本 憲作 様
- JICA 馬場 隆 様
- 中村 俊裕
- 塩田 真弓 様(モデレーター)

20:45-21:30

懇親会(お飲み物と軽食をご用意します)

 

【定員】100名となりますので、お早めにお申し込みください。

 

 

以上

>>詳細・お申し込みはこちら

※お申込みフォームを開けない方は、お手数ですが、japan@kopernik.info宛に

・氏名(ふりがな)・ご所属(会社名、学校名)・連絡先メールアドレスをお送りください。

 


ゲストのご紹介

※敬称を省略させていただいております。

 

【スピーカー/パネリスト】 

マナーズ 英美子 (まなーず えみこ)

JP モルガン証券株式会社

金利トレーディング部、外国債券営業部を経て、2013年1月 よりCSRユニット担当。J.P.モルガン・チェース財団による日本におけるNPO向け支援や社会貢献活動および社員によるボランティア活動の運営を統括。米国コーネル大学 政治学部卒業。

 

山本 憲作 (やまもと けんさく

株式会社 本田技術研究所 4輪R&Dセンター 開発戦略室

2001年、株式会社 本田技術研究所 基礎技術研究センターに配属。主に内燃機関を含むパワーソースの先端研究に従事し、廃熱回収の研究などに携わる。2013年、4輪開発センターに転属され、企画室に所属。現在は未来の新しい社会課題を探索し将来の研究・開発に役立てるために、各国の現地調査や未来に関する情報調査を行いながら、未来洞察や新しいビジネスの開発・立案を行っている。

 

馬場 隆 (ばば たかし)

独立行政法人 国際協力機構 民間連携事業部 連携推進課 課長

東京大学法学部卒、ミシガン大学公共政策大学院(MPP)修了。

1997年、海外経済協力基金(OECF)入社。総務部、フィリピン事務所、インド、ベトナム担当(円借款総括)等を経て、2014年10月より現職。現在、経産省「BOPビジネス支援センター」運営協議会委員等を務める。2013年3月、「躍進するアジア地域主義」(ADBが公表した「Emerging Asian Regionalism」の日本語訳)を刊行。

 

中村 俊裕 (なかむら としひろ)

米国NPO法人コペルニク 共同創設者 兼 CEO

国際開発、経営コンサルティング、アカデミック分野での幅広いキャリアの中で、途上国の人々にシンプルで革新的なテクノロジーを届けるため、2010年コペルニクを共同創設。過去10年間は国連に勤務し、東ティモール、インドネシアをはじめ世界各国を拠点としてガバナンス改革、平和構築、自然災害後の復興などに従事。国連の前職はマッキンゼー東京支社で経営コンサルタント。京都大学法学部卒業、英国ロンドン経済政治学院で比較政治学修士号取得、また大阪大学大学院国際公共政策研究科で招へい准教授。2012年には世界経済会議(ダボス会議)のヤング・グローバル・リーダーに選出。また、同会議の持続可能な開発における「グローバル・アジェンダ委員会2014-2016」における「持続可能な開発」委員も勤める。2014年には、ユニセフの「インドネシア・イノベーション・ラボ」のアドバイザー。著書に「世界を巻き込む。

 

【モデレーター】

 

塩田 真弓 (しおた まゆみ)

テレビ東京アナウンサー

 テレビ東京『ワールドビジネスサテライト』担当を経て、 『ワールドビジネスサテライト土曜版』メインキャスター。その後担当したマーケット番組を含む経済全般の取材を通じ、個のパワーがいかに大きな経済的インパクトを与えるかを実感。コペルニクには創設以来、深く共感している。

 

 

 

>>詳細・お申し込みはこちら

※お申込みフォームを開けない方は、お手数ですが、japan@kopernik.info宛に

・氏名(ふりがな)・ご所属(会社名、学校名)・連絡先メールアドレスをお送りください。

【コペルニクのご紹介】

 

「生活に役立つシンプルな製品を、途上国の最貧困層の人々へ届け、生活向上と自立を支援する」というミッションのもと活動を展開。個人や企業の寄付者と途上国の活動団体、製品製造者の3者をつなぎ、途上国の遠隔地に暮らす人々が最も必要としているテクノロジーを届けている。設立から6年で、26カ国150件以上のプロジェクトを行い、39万人以上の人々に製品を普及。扱う製品は90種類以上で活動分野は、エネルギー・水・衛生・教育・農業・保健・情報通信と多岐にわたる。また途上国でのビジネスを目指す企業へのアドバイザリー・サービスも行う。公式ウェブサイト:http://ja.kopernik.info/

 

 

本件に関するお問い合せ:一般社団法人コペルニク・ジャパンjapan@kopernik.info