Hiromi Tengeji
2018/02/15 - 20:55

By Hiromi Tengeji
Japan Secretariat

シンポジウム「技術×NGO×企業 がもたらすSDGs達成へのインパクト」に代表理事 天花寺宏美が登壇しました!

2/13(火)、SDGsの達成のための重要な鍵となる、「技術」に焦点を当てた国際協力NGOセンター(JANIC)主催シンポジウム「技術×NGO×企業 がもたらすSDGs達成へのインパクト」がに開催され、コペルニク・ジャパン代表理事 天花寺宏美が登壇いたしました。会場には、様々な企業やNGOより、80名以上の方々がご来場されました。

天花寺は、三菱電機(株)松山 祥樹様とともにパネリストとして登壇し、数年にわたり協働している、インドネシア漁村地域の魚売りのためのバイク用冷蔵庫の開発と普及のプロジェクトについてお話しました。登壇では、日本の優れた製品や技術を途上国に持って行くという発想ではなく、まずは途上国の現場のニーズを理解し、必要とされる製品をゼロから創っていくアプローチの重要性を、現場の事例を交えて紹介しました。

パネルディスカッションでは、様々な意見が交わされました。参加者からの、「取り組みの中で困難な事は?」という質問に対し、天花寺は「困難とは考えず、まだ解決されていない課題、ニーズがあるのだと考えている。課題があるということは、そこにチャンスがあるのだと捉えて取り組んでいる。」と回答しました。ご参加くださいました皆様、ありがとうございました!