ラストマイルの子供たちにクリーンテクノロジーを!

東インドネシアの遠隔地の子供たちに安全な灯りときれいな飲み水を提供する、ソーラーライトと浄水器を届けます。

D.ライトA2
ソーラーライト
  • 最も手頃なソーラーライト
  • フル充電後、4時間の連続点灯
  • ソーラーパネルと一体化
d.light A1, the most affordable quality solar lantern

全額集まりました。
ありがとうございました。

Nazava Bening XL
浄水器(27.5ℓ、フィルター3個)
  • 汚れた水を簡単に浄水できる。
  • 上の汚水用タンク(27.5リットル)から、中央のセラミックフィルターを通って、下の飲料水用タンク(27.5リットル)へ。
  • 容器に純度の高いプラスチックを使用し、飲み水にプラスチックの味や臭いが残らない。
Nazava Bening XL

全額集まりました。
ありがとうございました。

課題: 

東インドネシアでは、電気が十分に供給されていません。そのため子供たちは夜間の学習時、光が弱く、汚い煙を発し、危険なケロシンランプに頼っています。

また、学校ではきれいで安全な飲み水も十分ではありません。インドネシアでは健康に関する主な問題は水が原因の病気によるものです。汚い水と不十分な衛生設備が原因で下痢となり、年間39,000人もの子供達が亡くなっています。

提案する解決策: 

ソーラーライトを導入することで、子供たちは夜間でも勉強ができるようになります。ソーラーライトは1日の充電で4時間使えます。d.light A2の灯りは勉強するのに最適な明るさで、ケロシンランプやろうそくよりもずっと安全です。

浄水器は安全できれいな飲み水を子供たちに提供します。この浄水器1つで、1時間当たり6リットルの水をろ過でき、20人の学生に必要な水27.5リットルを準備できます。安全な飲み水があれば、生徒たちの健康に関する問題はほとんどなくなります。

このプロジェクトの対象者: 

コペルニクは、きれいな水や信頼できる灯りが不足している東ヌサ・トゥンガラ、マルク、パプアに住んでいる子供達を支援しています。私たちのパートナーSeaTrkがこの3つ地域へ定期運航で他のテクノロジーを運送する際にこの2つのテクノロジーも届けます。

届ける方法: 

コペルニクの現地パートナーSeaTrekがソーラーライトと浄水器を学校へ寄付します。SeaTrekは生徒や先生たちに使用方法とメンテナンス方法を指導します。

実施期間: 
7ヵ月
この活動は、約 5000 人の生活改善につながる予定です。
現地パートナーの協力: 

経済的支援、テクノロジー配布

予算内訳: 
項目説明金額
プロジェクト管理とテクノロジー
プロジェクトの運営に係る費用のテクノロジー実費
¥867,223
モニタリングと評価
データ収集、分析とプロジェクトの報告に係る費用
¥10,199
管理手数料
海外送金手数料、オンライン寄付手続き費用、コペルニク運営に係る費用(15%)
¥182,102
合計
¥1,059,523
為替レート及び輸送費の変動により、本プロジェクトで送付するテクノロジー数が変わることがあります。ご了承ください。

現在、40名の寄付者より計¥1,059,706のご寄付を頂いています。
誠にありがとうございます!