Koperasi Banyu Uripのロゴ

現地パートナー
Banyu Urip Cooperative

コペルニクは、インドネシアのジャワ島東部にあるツバンとボジョネゴロで、女性がマイクロビジネスをはじめる機会を創出するために、Banyu Urip Cooperativeと提携しています。

Banyu Urip Cooperative (Koperasi Banyu Urip)は、東ジャワ・ボジョネゴロのガヤム村にある生活協同組合です。この組合の主なプログラムは、組合員・非組合員向けの貯蓄とローン、コミュニティの生活を改善するようなテクノロジーの販売、女性の能力開発トレーニングです。Koperasi Banyu Uripは新しいオフィスを設置し、それはインドネシアにおけるコペルニクの最も重要なテクノロジー・キオスク(Tech Kiosk)です。

設立目的: 

Banyu Urip Cooperativeのミッションは生活協同組合の設立を通じて、ボジョネゴロの女性にビジネスの機会を作り出すことです。 

活動の対象者: 
Rural Communities
代表者: 
Betty Meilantina Sari
提携開始日: 
2012
提携の目的 :
Koperasi Banyu Uripのメンバーは、2012年から生活を改善するテクノロジーを届けるためにコペルニクとともに働いてきました。
デューデリジェンス:
Full Due Diligence ?
提携状況: 
Active